草刈り

刈り終えた雑草の処分もお任せください!


高く伸び過ぎた雑草は

治安の悪化に繋がります

 

  • 火事が心配
  • 泥棒の侵入が心配
  • 害獣が住みついたら大変
  • 夏は蚊が大量発生
  • 大量の枯草の下にはムカデが発生

人の目が行き届く環境は、安全な環境につながります。

 

費用は1軒あたり32,400円から(面積・草丈により変動します)
除草した草の処分もいたします。


除草前

夏に蚊が大量発生していました。

知らないうちに野良猫の家族が住み着いていたり、不衛生な環境でした。

ご主人一人では手が回らず、ライツがお手伝いすることに。

除草後

ライツが除草作業をした直後の写真です。

お庭でバーベキューができるほどのスペースが確保でき、「結構庭が広かった」と改めて有効活用を検討されるそうです。

 



除草剤散布

空地や駐車場などは定期的な除草剤散布がオススメです。

草丈が短いほど効果は高いので、早めの対策で維持管理が楽になります!

散布前

散布後


除草剤を維持管理に効果的使用するとGOOD!

 

汗水流して刈込んだ雑草も、気が付くとすぐに元の状態に戻ってしまったという経験はございませんか?

除草作業後に新たに生えてくる雑草に対して除草剤をピンポイントで散布することで、刈込んだ直後の状態を楽に維持することが可能になります。

玄関などに薄めず使える1リットル程度のボトルに入った除草剤を常備しておけば準備OKです!

(沢山生えてしまってからでは「薄めず使える除草剤」は大変割高ですのでご注意ください)

朝の出勤時に見かけたり、休日のお出かけ前などにサッと一振り気軽に使用することで維持管理が出来てしまいます。

 

「それなら簡単に出来るかも」と感じていただければ幸いです。

 

価格表

(表記は税込価格です)

 条件(目安) 金額 備考
お庭除草(草丈50cmまで) 32,400円 1坪~30坪迄一律(処分費含む)
お庭除草(草丈50cm以上100cmまで) 43,200円 1坪~30坪迄一律(処分費含む)
駐車場・空地(100坪以上) 540円/坪~ 草丈により変動あり
除草剤散布 270円/坪 1坪~30坪迄は一律6,750円

-見積例-

・除草および伐採作業
※草丈40㎝、樹木3mの場合
庭先(8坪)の除草費用:32,400円
樹木伐採(1本):16,200円
合計:48,600円 

 全ての刈草、伐採木の運搬処分費を含みます。


メガソーラー

太陽光発電所(メガソーラー)敷地内の除草賜ります。
ハイシーズン(7月~10月)前のご予約がオススメです。

草丈が伸びると少しづつ「日影」が発生してきます。

わずかな日影ですが「毎日ロスを積み重ねている」と大きな発電量の違いを招いてしまいますので、太陽光発電所の環境維持は結果的に収益増に繋がります!

 

ランニングコストを押さえたいオーナー様は定期的な除草剤散布はいかがでしょうか?

除草剤散布のみであれば、刈り草の処分費用が掛らず、草刈り作業よりも少数人員で施工が可能となりますので施工費用を抑えることが出来ます。

 

※周辺状況により除草剤散布に適さない場所もございますので、お気軽にスタッフへご相談ださい。

 

メガソーラー発電所は、自然の豊かな場所に設置されているケースが多く、周辺から雑草の種子が風によって運ばれてきます。

また、地下から茎によって生えてくる種類もあります。

その為、周囲を囲むフェンスは、防犯には有効ですが雑草に対してはあまり役に立たないのが現状のようです。

「ツル」が成長してきたら危険信号です!

徐々にフェンスをゆがませ、その後に壊してしまい、結果的に不審者の侵入、動物の侵入に繋がり発電所の治安維持が困難になります。

 

無料で現地確認お見積もりいたします!

「最近、発電量が少し低下した気がする」と感じているオーナー様は、たまに現地へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

※お見積もりには、敷地面積がわかる図面等が必要になります。

日立市にて除草作業を実施しました

本日は、日立市にて除草作業を実施しました。

 

住宅地にある公園の除草作業でした。

とにかく「暑い」のひとことですね!

 

 

続きを読む

水戸市にて草刈りを実施しました


続きを読む

日立市にて草刈りを実施しました


続きを読む

小美玉市にて草刈りを実施しました


続きを読む

東海村にて草刈り作業を実施しました

本日は東海村にて草刈り作業を実施しました。

 

ずいぶん涼しくなって真夏の作業がちょっと懐かしく思えてしまいました。

モチロン、涼しいほうが良いですね!

 

さすがに雑草も真夏の勢いは感じられなくなり「大人しいじゃん」といったところです。

続きを読む